メキシコの万能薬、コカコーラ

こんにちは、メキシコ雑貨SentidoのShoです。

今日は日本でも炭酸飲料の定番コカ・コーラについて。

なぜ急にコカ・コーラなのか?

実はメキシコとコカ・コーラは意外にも深い関わりがあるのです。

では、ここからその関わりについて解説していきます。

きっとこの記事を読み終わったらコーラ飲みたくなりますね笑

  

メキシコのコカ・コーラを知る為の7項目

 

1,世界一のコカ・コーラ消費国メキシコ

コカ・コーラと言うと何となくアメリカのイメージですが、実はメキシコが世界一のコカ・コーラ消費国として知られています。

確かにメキシコ歩いていると、コーラの売り場はデカイし、タコス食べながらコーラ飲んでるし、壁や看板にコーラの広告があるのも良く見かける。

飲み物持ってる人の8割はコーラかと思うほどコーラばかり。

メキシコを歩けば、すぐに実感できるこのコーラパラダイス。

2,メキシコのコカ・コーラは美味しい

メキシコに行った日本人から時々聞くのは、メキシコのコカ・コーラは美味しいと言う話。

どうやら、その謎は砂糖にあるようで、アメリカのコカ・コーラには果糖ぶどう糖液糖が使われ、メキシコのコカ・コーラにはサトウキビから取った砂糖が使われていると言う話。

メキシコのコーラの方が後味がスッキリしているとの声も多く、その後味の肝になるのが、この砂糖の違いか。

真実はどうなのでしょうか。

3,コカ・コーラのトップシークレット「フォーミュラ」

謎や都市伝説的な話の多いコカ・コーラ。

その中でもずっと話題に上がり続けるのが、コカ・コーラのレシピ。

このレシピの事をコカ・コーラ社では「フォーミュラ」と呼び、トップシークレットとして、銀行の融資の担保として厳重に保管されているそうです。

1985年には売上低迷の打開策として、フォーミュラ変更(レシピの変更)があり、消費者からの猛反発を経て、元のフォーミュラに戻した騒動はコカ・コーラ社のホームページにも記載されていました。

4,タコスとコカ・コーラ最強説

話をメキシコに戻します。こんなにコーラが人気なら、せっかくメキシコに来たし、ビール飲みたいなーなんて気持ちを抑えつつ(結局夜にはビール飲みますすけど。)、昼にタコスを食べて、コーラを飲んで見ると、これが本当に美味いんです。

タコスの油っこさと、サルサの辛み、ライムの酸味、コーラを飲みことでそこに来るフォーミュラが生んだこの奇跡。すいません、熱くなりすぎました笑

そのくらいベストマッチする、このコーラとタコスの魔力的な美味さは、消費量世界一を納得させる最強のペアリング(飲み物と食べ物の組み合わせ)と身を以て知ったわけです。

5,風邪を引いたらコカ・コーラ

確かにかなり美味しいと言う事がわかったメキシコのコカ・コーラ。

しかし、ここからがメキシコはすごいんです。

風邪や具合が悪くなったらコーラを飲めば治ると言うのです。

コーラは昔は薬だったと言うことから来ている理屈らしいですが、フォーミュラが非公開の為、真実はわかりません笑

私は風邪を引いた時にメキシコの方にテキーラ飲めば治るとも言われた事があります笑

ジョークとリアルが混在するこんなメキシコも私は大好きです。

6,コカ・コーラを含む炭酸飲料が起こした社会問題 肥満

数年前にはコーラの消費量だけでなく、肥満大国という称号まで手にしたメキシコ。

この肥満大国には、流石にメキシコも国をあげて政策に取り組みはじめました。

2014年には炭酸飲料など、全ての砂糖入り飲料に10%の課税。

2015年にはこんな政策も↓

【1月28日 AFP】メキシコの首都メキシコ市(Mexico City)の地下鉄で、乗客がスクワットをしてカロリーを消費すると、一定額の運賃を無料にするサービスが登場した。肥満問題を懸念する同市の保健当局が考案したものだ。

http://www.afpbb.com/articles/-/3038029

 

7,それでもおすすめしたいメキシコのコカ・コーラ

ここまで色々と書きましたが、やはりせっかくメキシコに行ったのであれば、是非メキシコのコカ・コーラは飲んで欲しい。

アメリカから国境を越えてわざわざメキシコのコーラを買いに来る人もいるくらい、コーラフリークにも有名なメキシコのコーラ。

日本のコーラと飲み比べても楽しそうですね。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です