死者の日にメキシコと言う国に見た死生観

こんばんは、メキシコ雑貨SentidoのShoです。

今日は私がメキシコ好きになったきっかけ、メキシコの死者の日を、私の体験談を踏まえて書いていきます。きっと興味がある方も多いと思います。ぜひ読んで見てください。

メキシコの死者の日を知る7つの話

1,死者の日とは

メキシコには死者の日と呼ばれる日があり11/1と11/2の2日間を主に指します。スペイン語ではDia de los Muertosと言い、地域によっては10/31も前夜祭としている所もある様ですが、基本的には1日と2日と考えて良いでしょう。

日本で言うお盆の様な風習で、死者の魂を迎え入れると言う事から日本のお盆に例えられます。

11/1は子供の魂、11/2は大人の魂が帰ると言われていて、この日に向けて様々な準備をします。

日本のお盆との決定的な違いは、この死者の日は国中で盛り上がるお祭り的な要素が含まれている所だと思います。

過ごし方は様々ですが、玄関を解放して訪れる方に見てもらったり、飲んで歌って踊っていたり、家族や祖先の眠る墓地で寄り添う様に過ごす方もいました。

 

2,死者の日を飾る骸骨、カラベラ

死者の日と言えば私の大好きなカラベラについて触れない訳にはいかないでしょう。カラベラとは骸骨の事。メキシコのカラベラは死者の日のアイコンと言っても過言ではないのでしょうか。

メキシコのカラベラはダークなイメージの強い骸骨とは違い、カラフルな色使いで花柄などがペイントされたとてもポップな骸骨です。

このカラベラが町中に溢れる事で「今年もこの季節かー」と死者の日を感じるわけです。

陶器製のカラベラ、チョコレート製のカラベラ、砂糖菓子製のカラベラ、カラベラメイクなど、色んなカラベラが至る所に溢れ、確かにお祭りの様な雰囲気になります。

-カラベラメイクについての補足 – このカラベラメイクには今よりも階級や人種差別意識の強かった時代に、死ねば皆ガイコツだと言う平等を訴える意味を込めてカラベラのメイクをしたと言う話もあるそうです。

 

3,映画で観る死者の日

リメンバー・ミー(2017年日本公開)

メキシコ好きの間で日本公開がずっと待たれていたディズニーピクサー映画「リメンバー・ミーは、家族愛とメキシコの死者の日をテーマにした映画で、日本でもかなり話題になりましたね。

邦題は「リメンバー・ミー」ですが、原題は「COCO」と言います。

*このタイトルに落ち着くまで色々あったのですが、その話は「リメンバー・ミー」の記事にて書きますので、記事のアップをお楽しみに。

結構前からディズニーランドには死者の日をテーマとしたスポットがあった様で、ディズニー好きの方には馴染みのある世界観だったのかも知れませんね。

007 スペクター(2015年日本公開)

大人気の映画007シリーズの24作目にあたるこの作品のオープニングシーンとして、死者の日の大規模なパレードが、メキシコシティーにて撮影されました。

実はこのパレードは伝統的なものでは無く、この撮影がきっかけで始まり、人気となった為、今でも恒例となったそうです。

4,カラフルに彩られる祭壇と墓地

死者の日には、オフレンダと呼ばれる祭壇を多く見かける様になります。

祭壇には故人の好きなものであったり、砂糖菓子で作られたカラベラ(このカラベラには故人の名前を書く事もある)、お花、チョコラテ(チョコラテはメキシコ発祥の飲み物)、パペルピカドと言う切り絵、キャンドル、パン デ ムエルトと言うパンなどが並び、とても豪華な祭壇が出来上がります。

墓地も同じ様に花やキャンドルで飾られ、夜にはキャンドルで照らされたオレンジ色の墓地が暖かく何とも言えない感動的な光景になります。

 

5,死者の日を過ごす有名スポット

オアハカ

オアハカは先住民が多く住む土地と言われ、メキシコ料理を語る上でも欠かせないのがこのオアハカです。

私はまだ行ったことは無いのですが、日本人にはこのオアハカがとても人気で、死者の日もまた人気があるとの事です。

先住民が沢山のいる土地なので、伝統的な死者の日が楽しめそうですね。

パツクアロ(ハニツィオ島)

死者の日と言えばここでしょうとメキシコの方が一番オススメするのがミチョアカン州のパツクアロにある小さな島ハニツィオ島の死者の日です。

私はここに2012年に訪れた事があります。

本当にかなりの人気の為、観光客やメキシコの方でとても賑わっていました。

ハニツィオ島の墓地の感動的な光景は今でも忘れられない光景です。出来るならばもう一度訪れたい土地でもあります。

 

6,私が見た死者の日の真実

冒頭の方でも書いた様に、この死者の日と言う国を挙げての2日間は確かにお祭り的な要素が多く、屋台、音楽、踊り、カラフルな飾りなど、ラテンの国ならではの明るい雰囲気でとても楽しいです。

しかし、この日の裏には「死」がある事を忘れてはいけないと思います。

 

お祭り騒ぎの他に私が死者の日で見たのは、お墓の横に布を敷き、毛布に包まりながら涙を流しお墓に寄り添う女性の姿でした。

 

お墓にも色んなサイズがあり、立派なものもあれば、拳より少し大きな石を置いただけのお墓も。

その小さなお墓に、多くの人は気がつかず、人混みに埋もれ踏まれてしまっていました。

 

胸が締め付けられる思いでした。

メキシコと言えど、「死」との向き合い方は人それぞれです。

死者の日、確かにかなり感動する光景の数々です。写真を撮りたい気持ちも理解します。私も何枚か撮りました。

しかしむやみにカメラや携帯のレンズを向ける前に、本当に撮るべきか否か、撮っても良いか考える事も必要では無いでしょうか?

「死」と向き合う方への配慮が、死者の日に訪れる観光客としてのマナーなのではないかと思います。

 

7,旅の安全

死者の日が綺麗なのはやはり夜なので、帰りは遅くなる事もあると思います。夜になると、途端に治安の悪くなるエリアもあるのでご注意ください。

メキシコ国内でもこの死者の日は人気なので、かなりの混雑も予想されます。こう言う時にはスリ被害も考えられるので、注意が必要です。

携帯のカメラで沢山の写真を撮ると思います。撮影に夢中になっていると置き引きやスリ、強盗を企む人影に気がつきにくくなるので、周囲には気をつけましょう。

日本にいるとどうしても危険意識が低く、気を抜きがちです。

せっかくのメキシコ旅を楽しむ為に、小さな被害にも合わない様、ぜひ気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です