メキシコに魅せられて。続き

こんばんは、メキシコ雑貨SentidoのShoです。

前回のBLOGの続きと言う事で今日も私が思うメキシコの魅力について書いていきます。

参考に前回のBLOGはこちら→https://sentidomexico.com/2019/01/27/amormexico/

   

5,やっぱりタコス、タコス、タコス!!

   

メキシコの食べ物と言えばタコス!!これはメキシコに行く様になる前から知っていましたが、実はですね、このタコスってとても深いのです!!

日本でもようやくメキシコスタイルのタコスが増えましたが、これまでは小麦粉を使ったトルティーヤ(タコスの皮)、挽肉、チーズ、レタス、トマト、赤いサルサと言ったのが一般的なタコスとして知られているもの。

しかし、このタコスはいわゆるTEXMEXと言うアメリカナイズされたタコスでメキシコスタイルではありません。

メキシコのタコスは、とうもろこしの粉を使ったトルティーヤ、肉などの具材、玉ねぎ、パクチー、サルサと言うのがベーシックなタコス!!

肉と言ってもその種類は様々!タン(舌)やレバー、豚バラや牛の網焼き、中には脳ミソなんてメニューもあります。

   

TACOS AL PASTOR(様々なスパイスに漬け込んだ豚肉のタコス)

   

TACOS DE CHORRIZO VERDE CON PAPAS(緑のチョリソーとポテトのタコス)

   

ここで注意!!

   

タコスを中心としたこの屋台フードもメキシコの魅力なのですが、中にはかなり痛んだ肉であったり、衛生面で問題ありな屋台も多々あります。

清潔な日本で生活している我々日本人の胃腸は、このハードの環境の屋台フードにはなかなか対応出来ずに、食当たりで病院行きなんて事も。

人気のあるお店は、仕込んだ肉もどんどん無くなり、新しいものと入れ替えていくので、そう言うお店の方が安心との話もありますが、体質や体調により、ケースバイケースなので、十分にご注意ください。

   

6,ラテンを感じる愛情表現

   

ラテンの国と言うと、とても情熱的なイメージですが、メキシコもラテンの国。

公園でも、道端でも、レストランでも、抱き合ったりキスをするのは日常的で、男性は愛する女性に、毎日の様にその愛する気持ちを伝えるそうです。

   

とあるレストランにて撮影した一枚。

隣のテーブルにはお店の方がバラの花びらがびっしりと敷き、お客さんの来る準備をしていました。

きっとこれから来る男性客から連絡を受け、お店の方が準備をしたのだと思いますが、そんなロマンティックな事を恥ずかしがらずにスマートに出来るのは、本当に素敵な事ですね。

大事な時にだけで十分だと言う日本男性的な不器用な愛の表現も、もちろん素敵だと思いますが、初めて触れたメキシコのラテン的な一面は本当に感動しました。

   

7,色と音楽に溢れた景色。

   

日本では、あまり奇抜な色の建物は少なく、どちらかと言うと、ブラウンやグレー、ブラックなどの外壁が多い印象があります。

最近ではビーチでもBGM禁止と言う場所も増え、近隣で暮らしている方への配所をお願いしている様ですね。

一方メキシコでは。

ある種の統一感とも言えるカラフルでなんともかっこいい外壁多し。外壁と言っても色は様々。企業の名前が書いてあったり、一部の壁を芸術学校へ貸し、絵を描かせている壁もある様です

   

   

   

   

飲食店などの壁にはペイントもあり、どこからとも無く音楽も聞こえてきます。

   

   

公園ではサークルになってダンスをするお年寄りも見た事があります。

メキシコの独立記念日が近くなると町中はメキシコ国旗、メキシコ国旗カラーだらけになります。

   

   

   

こう言う景色、色、音に憧れていた私にとっては映画や雑誌の世界が目の前にあるわけですから、本当感動しました。

私はこの景色を見る度にワクワクドキドキします。

    

まとめ

     

かなりざっくりですが、少しでもメキシコの魅力が伝わる記事になったでしょうか?

今回の記事に登場した話の中で、話の都合上さらっと触れただけで今後もっと掘り下げて書きたい題材もありますので、是非、その記事も楽しみにしていただけたらと思います。

      

では最後に、

「これが見たかったんだ!これがメキシコだ!本当にメキシコに来れてよかった。本当に楽しかった」

   

そんな興奮と共にメキシコを発つ飛行機の中ではいつもこう思います。

   

「またメキシコに来れる様に頑張ろう」

   

   

「日本帰ったら箱根そばの濃い蕎麦食べたい」

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です